工具あれこれ(その1)

ルーペあれこれ
 
 雑誌などで、子供の自然観察用具として1枚レンズの、いわゆる虫眼鏡が挙げられ、それを使って子供が花などを眺めている写真が載ったりします。
 しかし、私に言わせれば、目の近点距離(ピントを合わせられる最短距離)が短い子供達には、虫眼鏡などは無くても困ることなどないでしょう。
 私も子供のころには人並みに虫眼鏡を持ってはいましたが、拡大鏡としての便利さを感じたことはまったくありません。
 使ったのは太陽光線を集めて紙を焦がしたり(文字通り焦点ですね)、日向ぼっこで隣の奴の坊主頭に焦点を合わせてアチチッと言わせたりしたことぐらいです。
 虫眼鏡を便利と感じる人は、老眼が始まったか、遠視の傾向があるかでしょう。
 それはさておき、ただでさえ近くのものが見えにくくなっている老眼世代にとって、物の細部の観察に手放せないのが、数枚のレンズを組み合わせた、ルーペと呼ばれる拡大鏡です。
 ここに挙げたのは、私が日頃の模型工作で愛用しているルーペです。
 この中で現在最も利用度が高いのは一番上のものです。
 だいぶ前に東京国際ミネラルショーの会場で買った、中国製の安価なトリプレットですが、その下のオリンパスやツァイスのものと比較しても見え味に遜色はありません。
 同一製品と思われるものが日本メーカーのブランドで売られています。
 10倍と表示されていますが、おおまかに測ってみると8ないし9倍ぐらいのようです。
 今ほど老眼の度が進んでいなかった頃には、オリンパスやツアイスの6倍が手頃でした。
 ルーペの倍率は高いほど良いと思われがちですが、高倍率のものは視野が狭く、作業距離も極めて短くて使いにくくなります。
 たとえば一番下のニコンの14倍のものは、ルーペを1センチぐらいに近づけないとピントが合わない、つまり見ようとするものが顔にくっつくほどに近づけなければなりませんから、状況によってはたいへん不便です。
 そのせいかどうか、今のニコンの宝石鑑定用ルーペの倍率は10倍です。
 
ヘッドルーペ 

  ルーペは、片手がふさがるので、両手での組み立て作業などには不向きです。
  そこで使われるのがヘッドルーペです。
 写真の一番奥にある黒いものは2.25倍のツァイス製ですが、レンズ部だけを跳ね上げることが出来ず、全体を掛け外ししなければならないので不便なことと、この倍率ではディスカウント店で買った度の強い(+4D)老眼鏡の見え方と大差ないので、ほとんど使っていません。
 真ん中の白いものは、メーカー不詳ですが、レンズ部を上げ下げすることが出来ます。
 レンズは倍率の異なるものに交換可能ですが、3倍のものを買いました。
 買った当時は倍率が少々高すぎる感じでしたが、老眼の度が進んだ今ではちょうど良いようです。
 両者ともに眼鏡(老眼鏡)を掛けたまま、その上に重ねて使えます。
 写真手前にあるのはカートン光学の3倍の双眼近点スコープ、つまり至近距離用の双眼鏡です(今では販売されていません)。
 30センチほどの距離で両眼の視野が一致するくらいの輻輳角がつけてあります。
 つまり、普通の双眼鏡のように左右の望遠鏡の光軸が平行ではなく、寄り目状態にしてあるのです。
 このような物々しい構造になっている利点は、作業をする手先と目との距離(作業距離)をヘッドルーペよりもはるかに長くできることです。
 3倍のヘッドルーペの作業距離は12センチほどですが、同じ3倍の双眼近点スコープでは30数センチあります。
 この利点を最大限に活用しているのが外科手術をするお医者さんで、テレビドラマ「ドクターX」の手術場面ではこれが使われていました。
 この双眼近点スコープは買ってはみたものの、手術とは違い模型工作では手先に顔を近づけられないということはあまりないし、正立プリズムを使ったケプラー式なので重く、眼鏡フレームを付属のバンドでしっかり頭に固定しないとアイポイントが目から外れやすいなど、とても便利とは言えないものです。
 でもまあこれは、必要だったからではなく、興味を引かれて買ったものなので、実用的に使ったことはほとんどありません。

  追記 1 百円ショップの老眼鏡

 その後、百円ショップのダイソーで、高度数老眼鏡と銘打った+5Dの老眼鏡(商品シンプルリーディンググラス)を見つけて買ってきました。
 これは眼鏡産業で著名な福井県鯖江市にある会社が製造販売元になっていますが、実際に作ったのは中国のようです。
 よく出来ており、下手なヘッドルーペよりもこちらの方が手軽で使い勝手もよいです。

  追記 2 ハズキルーペ

 いっとき(あるいは今でも?)テレビで石坂浩二を使って宣伝していたハズキルーペという商品をご記憶ではありませんか?
 あるデパートの文具売り場をぶらついていたら、ハズキルーペの見本が展示されていました
 以前からこの商品に興味がありましたので、掛けてあれこれ眺めてみました。
 その感想は、老眼鏡とどこが違うのだろうか、はたして1万円もする値段に見合った価値があるのだろうか、でした。
 アマゾンでの購入者レビューを見ると賛否両極端があります。
 ネットでこういうサイトを見つけました。
 あれこれ詳しく述べられていることを読んでも、どうも釈然としないのですが、ひとつ考えさせられたのはルーペの倍率とは何なのかということです。
 このサイトではルーペの倍率を求める一般式として 250÷レンズの焦点距離(単位mm)+1を挙げています。
 ルーペの倍率の式にはもうひとつ、 250÷レンズの焦点距離(単位mm)、つまり前の式の+1を取り除いたものがあります。
 私はこちらの+1が無いほうの式なら、どうしてそうなるのかを図示して説明することが出来るし、納得もしているのですが、なぜ1を加えるのかがいまだに理解できないのです。
 なお、ニコン製のルーペの倍率は+1が無いほうの式によっています。

単眼近点スコープ

  模型工作では対象物に顔を近づけられないことはないとは言っても、旋盤やフライス盤を使っての作業ではそうもいきません。
 そこで利用しているのがこの単眼の近点スコープです。
 双眼ではないので立体視は出来ませんが、とくに不都合は感じていません。
 カートン光学の6倍16oのもので、付属の超近点アダプターと称するクローズアップレンズを付けると14センチの近距離までピントを合わせることが出来ます。
 ダイヤルゲージ用のスタンドに取り付けて使っています。スコープを挟んでいる金具は写真撮影用のレフランプのための磁器製耐熱ソケットを保持していたものです。
 右の写真はこのスコープの利用例で、トヨミニレースML-360を使って、ブタンガスバーナー用のガスノズルにルーマー型のドリルで直径0.1ミリの穴を開けています。
 このくらいの太さのドリルを肉眼視で送ると必ずと言ってよいほど折ってしまうので、近点スコープでキリコの出方を注視しながら、慎重にドリルを進めます。

 余談ですが、奈良の正倉院展の会場で、ガラスケースに収められている展示物を小さな懐中電灯で照らしながら、近点スコープで細部をじっくり観察している人を見かけたことがあり、こういう使い方もあることを教えられました。

  双眼実体顕微鏡

  
 単眼近点スコープでも、とくに不都合は感じていないとは言っても、やはり立体視出来るにこしたことはありません。
 私は高級虫眼鏡として左の写真のニコン簡易実体顕微鏡「ファーブル」を愛用してるのですが、加工中の様子を観察するには台座が邪魔になるので、何とか鏡体の保持法を工夫しようと思いつつ日が経っていました。
 ところが最近読み返した「Model Engineer」誌に、こんなことが書かれている記事を見つけました。

  「私の工作室にはスタンドに取り付けた双眼実体顕微鏡があり、旋盤やフライス盤で加工する時のセンターやエッジの決定にたいへん役立っている。
 中古市場には研究室などの放出品がリーズナブルな価格で出回っており、どの工作室にとっても有用な追加品になるだろう」

 なるほど、そういう手があったか、と早速ここの中古品コーナーで見つけて買い込んだのが中央の写真のユニバーサルスタンド付きのニコン製品です。
 届いてみると予想外に大きく、丸い台座だけでも10sの重さがあるがっちりしたものなので、ミニフライス盤のそばにはなんとか置けますが、旋盤や大きいほうのフライス盤の脇にはそんなスペースはありません。
 そこで台座を床に置き支柱を延長して鏡体を持ち上げてみました。
 延長支柱には手元にあった太さ18oのSS材の丸棒を使ったのですが、これが失敗で、丸棒には弾力があり、上に乗せた重い鏡体や支持アームに触れると揺れるのです。
 揺れはわずかであっても、倍率20倍の実体顕微鏡の視野には影響大ですし、揺れが収まるのにもかなりの時間がかかります。
 こりゃぁダメだ、丸棒ではなくパイプなら揺れなかろうと、ステンレス巻き鉄パイプを買い込んだところで一休みしています。

 雑誌の記事はこう続いています。

  「個人的な経験ではあるが、この顕微鏡は皮膚に食い込んだ小さな金属片の除去にも大活躍している」

 言われるまでもなく私も「ファーブル」をそのために活用していますので、買い込んだ本格機でもやってみました。
 さすが上級機、見え味はファーブルの比ではありませんが、見えたものは渋紙(ってご存じ?)と見まごうばかりに老化した我が皮膚・・・・・

 その後、直径32ミリのステンレス巻き鉄パイプを使って支柱を1メートル延長したところ、ほとんど揺れなくはなりましたが、顕微鏡本体を含めた総重量は16sにもなり、移動させるのが一苦労となりましたので、台座に3っ開いている穴を利用してゴム車輪のキャスターを取り付け、軽く押し動かせるようにしました。
 そこで早速フライス盤に近づけてみたところ、予期せぬ障害に行き当たりました。
 顕微鏡は、カメラや望遠鏡と違って、合焦距離が固定されているので、鏡体を移動させてピントを合わせます。
 この顕微鏡の合焦距離は10センチで、それより近付いても遠ざかってもピントは合いません。
 となると、右の写真のように、やや大ぶりのマシンバイスでは鏡体がつかえて真横からピントを合わせることが出来ないのです。
 右下に見えるやや小ぶりのマイフォードのマシンバイスならいくらかはマシなのですが、いずれにしろ不便であることには大差はありません。
 解決策は対物補助レンズを付けて合焦距離を伸ばすことですが、そうすると倍率が下がるなど、双眼実体顕微鏡の利用は思っていたほどには簡単ではないようです。

 その後この顕微鏡はほとんど活用していません。
 理由は簡単で、セッティングが面倒なことと、装置が大ぶりで作業の邪魔になりやすいことです。

 追記

 支柱に載せた顕微鏡は普段の観察には不便なので、机上用としてもう一台ヤフオクでニコンの旧タイプのズーム式双眼実体顕微鏡を入手しました。
 対物レンズが0.7〜3倍のズームなのですが、使ってみると、カメラのズームレンズと違って、ズーミングするとわずかではあるもののピントがずれる、つまり合焦距離が変化することに気付きました。
 合焦距離を伸ばすために0.5倍の対物補助レンズを付けると、そのズーミングによる合焦距離の変化が20数ミリに達するのです。
 基準の合焦距離が100ミリなのですから20数ミリの変化はとても大きく、ズーミングによって鏡体を前後させることなくピントの微調整が出来るのです。
 もちろん倍率は変化しますが、フライス盤上での加工の位置決めという使用目的には差し障りありませんので、支柱にはズーム式を机上には固定倍率式をと載せ替えました。
 さて、そうして使いやすくなった双眼実体顕微鏡の利用によって、私の機械加工の精度が飛躍的に上がったかというと、正直な話、期待したほどではないのです。
 要するに、道具ではなく腕の問題だということのようですね(^^;;;)

レーザー・センター・エッジ・ファインダー 


 雑誌「Model Engineer」の製作記事に写真とともにこの位置決め工具が紹介されました。
筆者曰く「クロノスの広告で見て買ったのだが、使ってみるとその便利なこと!よくもまあ今までこれなしでやってこれたものだと思うほどだ。私はクロノスの回し者ではないが、ぜひおすめしたい」
 これに釣られてさっそくクロノスに注文しました。
 届いてみれば、イギリス製ではなくアメリカのSDAの製品でした。
 (その後、本体に貼ってあるラベルの小さな文字をルーペを使って読んでみたら、製造元は中国でした)
 ご覧のような大きさなので、主軸クイルの移動量が小さいミニフライス盤には向かないようです。
 クロノスにはシャンク径が1/2インチと1/4インチのものしかありませんでしたので1/4インチのほうを買いましたが、SDA社にはミリサイズがありますので、とくにコレットでの保持にはミリサイズにしたほうがよいでしょう。
 買ったのは2011年8月でしたが、円高ポンド安のおかげで、送料込みで1万円でした。

 レーザーファインダーは使いにくい

  しばらくこのファインダーを使ってみましたが、どうも使い心地がよくありません。
 ファインダーが投射する光点の見え方がすっきりしないのです。
 半導体レーザー光を扱うのは初めてなのですが、レーザー光なんだからピシッと鮮鋭な光点を投射するのであろうと思っていたのですが、予想外にボケているのです。
 例えれば、点光源である恒星を肉眼で見ると、ボケるというかトゲトゲの星形というか、とにかく点には見えませんが、それと同じような感じに見えるのです。
 そこで、投射されたレーザー光点を双眼実体顕微鏡で見てビックリ!
 天体望遠鏡で見た恒星が干渉リングで取り囲まれているのを思い起こさせる光点なのです。
 ファインダーには偏光フィルターが付いており、それを回すと周りの環が薄らいで見やすくはなるのですが、それでも光点はこの大きさなのです(縦の黒線はスケールのミリ目盛です)。
 これでは、センターファインダーとして今まで使っていた、自分で削って尖らせたステンレス棒のほうがはっきり見えるだけまだましではないでしょうか。

 なお、この写真はニコンの双眼実体顕微鏡の接眼レンズにニコンのコンデジ・クールピクス950(余談の頁に画像あり)を近づけて、いわゆるコリメート法で撮りました。



 追記

 その後、このファインダーも使い方によっては便利であることに気付きました。
 これは旋盤で面板を使ってボイラーの鏡板に炎管用の穴を開けているところですが、すでに大きな下穴が開けてあるので、センター合わせはその穴の縁を手掛かりにします。
 そのときに旋盤の刃物台に取り付けたファインダーからのレーザービームの光点が役に立ちました。
 面板を手で回し、光点と穴の縁とのズレを見ながら、鏡板を少しずつ動かしてセンターを合わせました。
 光線ですので対象物との距離に制約がないことが便利なのです。
 と、ここまで画像を見ながら書いてきて気付いたのですが、そんな面倒なことをせず、心押し台に回転センターを付け、その円錐面を穴に押し付けるだけで済んだのではないかと・・・

 デジタル・アングル・ゲージ

 ご覧のようにアングルバイスを傾けて使うときに難渋するのが角度の設定です。
 三角定規や腕付き分度器を使うのですが、どうもその正確さがいまひとつすっきりしません。
 ところがやはり雑誌の記事中に見つけたのがこのゲージです。
 国内でも売られていますが、イギリスのMachine-DROから買いました。
 これまた円高ポンド安のおかげとセール中だったことで送料込みで約2,800円でした。


 1-2-3 ブロック

 
 以前からこの工具の存在はカタログで見て知ってはいたのですが、何に使うのかはわかりせんでした。
 その後、雑誌の製作記事でこの写真を見つけ、その用途の一端を知りました。
 左の写真では肉厚のスコヤとして、中央の写真では平行台として使っています。
 なるほど、こういう使い方があるのか、とくに肉厚スコヤは便利そうだなと早速クロノスに注文しました。
 2個一組で立派な木箱に納まって届いたのには少々驚かされました。
 1-2-3ブロックという名前は直方体の3辺が正確に1インチ・2インチ・3インチであるからで、各面も研削仕上げが施されています。
 たくさん開いている穴の中に3/8インチのネジが切ってあるものがありますので、状況によっては便利に使えるのでしょう。

 テレスコピック・ボア・ゲージ 

 
これはその存在も用途もずっと前から知っており、いずれ買おうかなと思っていたものなので、1-2-3ブロックと一緒に注文しました。
 使い方は写真をご覧になれば一目瞭然でしょう。
 先端の測定子を押し縮め、柄の先のクランプネジで固定して、シリンダーボアなどの円筒形の穴に挿入します。
 クランプをゆるめて測定子を広げボアの内壁に当て、正しく内径を示す位置にしてクランプし、引き出してノギスで測定します。
 2気筒ピストンバルブエンジンのシリンダーの加工に使うので、必要なサイズ1本だけ欲しかったのですが、バラ売りはしないようでした。
 
 このところの円高ポンド安は大いに助かるのですが、調子づいて、この先使いそうもない工具や材料まで次々と注文したくなるので困っています。 

  ボックス・アングル・プレート

 
これも雑誌の記事で見つけたものです。
 素材の一つの面を削ってからボックスを倒すと、その面と直交する面を削ることが出来るのです。これは便利そうなので買ってみようと思いましたが、クロノスなどでは扱っていないようです。
 検索してみましたが、工場向けの大きなものしかヒットしません。
 そうこうするうちに、似たようなものを持っていることに気付きました。
 だいぶ以前に買ってはみたものの、あまり使うことがなかった枡形ブロックです。
 早速ネジ穴を開けてスチームエンジンの台座を取り付け、直交するケガキをしてみました。
 
 チャックにチャック
 
  スチームエンジンのバルブ駆動用エキセントリックの旋削には四つ爪チャックを使います。
 同じものを二つ作るのに、素材をひっくり返してくわえなおしても偏心量を再確認する必要がないようにと、素材を保持したコレットチャックを四つ爪チャックでくわえています。
 使っているコレットチャックは、「作るために作ったもの」の頁に挙げた自作品です。

回転台付きマシンバイス 

 
 
 フライス盤でこれまで使っていたマシンバイスは 画像左のマイフォードのものですが、これでは素材の角を斜め45度に削るためにテーブルに対して斜めに保持することは出来ません。
 と言ってT溝を使ってテーブル面上に斜めに固定するのは少々面倒です。
 そこで思いついたのはバイスの向きを変えられる回転台付きミーリングバイスの利用です。
 模型工作向きの小ぶりなものはないかと探してヤフオクで見つけたのが、画像中央の口幅81ミリのもので、ナベヤの旧製品です。
 これを使うことで、四隅を45度に削り落とすことが1回の締め付けだけで出来たので、大変便利です。
 回転台には角度目盛がついてはいますが、それは目安にすぎず、バイスのあごをテーブルのX軸に対して45度にセットするには、木工用の留め定規とダイヤルゲージとを使いました。
 この留め定規は精密なものとは言いかねますが、私の工作精度にはこれで十分です。
 
正立平行クランプ(フラットスタンディング・ツールメーカーズ・クランプ)
 
 写真右のような、普通の平行クランプは、使い道によっては上下に出っ張っているネジが邪魔になりますが、まあそういう仕組みの工具なんだから仕方がないと思ってきました。
  ところが、昨年(2013年)イギリスのアランド (Arrand)から届いた注文品に同封されていたリーフレットに、新発売のネジが片方にしか出ていないクランプが紹介されているのを見て早速注文しました。
  このアランドというメーカーは、その製品がたいへん優れているだけでなく、それを収めてある厚紙製の箱や貼ってあるラベル、インボイスの書式に至るまできれいに整っているのはイギリスには珍しい、なんて言ってはイギリスに悪いかな・・・
 なお、アランドはウエブサイトを開設していません
  追記

 その後、このクランプを使ってみると従来型のものにはない利点があることに気付きました。
 従来型のものは、2本のネジを同量回すように心がけていないと、片方のネジが相手から外れ、2本のあごの平行性がくずれて勝手な向きに回ってしまうことがあります。
 それに対して新型のほうは、ふたつの締め付けネジがどこにあろうとも2本のあごの平行性は保たれているので、大変使いやすいのです。

 ベンチブロック
 
 ずっと以前にロンドンの模型ショーの会場で、これくださいと指さして買ってきたものだったので名前を知らずに使ってきましたが、ホームページで紹介するにあたり調べたところベンチブロックと言うのだそうです。
 ドリルで貫通穴を開けるときなどに受け台として使うものだそうですが、軸がついていたり下面に出っ張りがあったりして、そのままでは直立させられないパーツを保持するのにも便利です。
 国内で検索してもこれしかヒットしませんでしたが、これもイギリス製のようです。

  銀ロウ付け用具

  私が初めて銀ロウ付けを試みたのは、若かりし頃に天体望遠鏡の背中に星野写真撮影用のカメラを取り付けるための金具を作ろうとしたときのことです。
 鉄板製の二つのパーツを組むのに、ハンダ付けでは強度不足であろうからと、銀ロウ付けにすることを思いつきました。
 そこで、ナントカ酸素という看板のかかった店で買った銀ロウとフラックスとで、パーツを台所のガスコンロで加熱して接合しようとしたのですが、何分いや何十分加熱しても銀ロウはまったく溶ける気配がないという失敗に終わりました。

 それから数十年後、ある模型の指先でつまめるくらいの小さな部品の銀ロウ付けをしてみたところ、思いのほか簡単に出来ました。
 その時に使った熱源が画像左端のプリンスガスバーナーGB2001で、今でも愛用しています。
 どうやらガスコンロでは銀ロウ付けが出来なかったのは、パーツに当たるガスコンロの炎の熱量不足だったようです。
 その後もう少し熱量の多いものをと買ったのが、その隣のキャンピングガス社のソードガス206です。
 はじめに付いてきた細口火口はボイラーの熱源に転用し、今は極細火口に付け替えてあります(炎は極細というほど細くはないが)。
 これは電子着火が付いていないので不便なのと、火力がやや中途半端なので、ほとんど使っていません。
 それに、ボンベ内には液化ブタン(いわゆるナマガス)がそのまま入っているので、あまり傾けて使うとナマガスが噴き出して火炎放射器状態になるので要注意です。
 端から3つ目のものはSK11というラベルが貼ってあるガストーチですが、使われているボンベは中の多孔質の物質に液化ブタンが染み込ませてあるので、逆さまに使ってもナマガスが噴き出すことはなく、小物の銀ロウ付けにはもっぱらこれを使っています。
 カセットボンベを使うガストーチでは大きなボイラーの銀ロウ付けには熱量不足なので、右端のプロパンガストーチを使っています。
 ガストーチは、スウェーデンのシーベルト製で、トーチ本体とハンドル、ホース、レギュレーターなどが組になっているスターターキットというものです。
 ガスボンベは、貸し出し用はないとのことで、2s入りのものを買いました。
 トーチはさほど大きなものではないのですが、炎とともにブオーッとかなり大きな音も噴き出します。

 これは銀ロウ付け用の炉で、ケイカル板などの耐火建材の端材を組み合わせて作ってあり、載っている正方形のものは耐火煉瓦です。
 奥にあるのはホームセンターの安売りで買ったクリップ付きルーペですが、ルーペは不要なので取り外しました。
 クリップはいわゆる鰐口クリップでしたが、ガストーチの熱でたちまち焼きなまってダメになったので、掴むと先端が開き離すと閉じる逆作用ピンセットに取り換えてあります。
 
 プロパントーチは室内で使うことなどできないので、ボイラー胴を庭に置いた七輪の中に入れたり、地面に並べた耐火煉瓦に載せたりして加熱しています。
 

 なお、愛用している銀ロウはイギリスのジョンソン・マッセイ社のイージーフロ-2なのですが、先年のカドミウムの使用禁止令によって製造されなくなったそうです。
 でも、そうなる前にまとめて駆け込み購入してあります。 

 マシンバイスの位置決めキー

   
 マシンバイスは、そのアゴがXYテーブルのT溝に平行になるように取り付けます。
 画像左端のように、台座が長方形のバイスの取り付けではスコヤを使って位置決めをしていますが、その隣の回転台付きのバイスの台座では、その方法は取れません。
 フライス盤の支柱が角柱ならば、バイスにくわえさせたスコヤを支柱に当てることで位置決めが出来ますが、私のフライス盤の支柱は丸いのでダメです。
 本格的なマシンバイスにはガイドブロックなどというものがあるようですが、簡易型には用意されていません。
 さて、どうしたものかと思案しているうちに目についた雑誌「ModelEngineer」の記事に触発され、底面に浅い溝を彫り、T溝の幅に合った位置決めキーを取り付けました。
 マシンバイスを載せているフライス盤は中国製なのですが、位置決めキーの素材にしたS45Cの磨き角棒をT溝に当てがってみたところ、さすが?!中国製ということがらに気付きました。
 3本あるT溝のうち両端の2本には角棒がしっくりと入るのですが、真ん中の溝にはぎくしゃくしてうまく入らないのです。
 マシンバイスを固定する肝心の溝がこれでは困ったものです。
 小さな軸付き砥石を主軸で回して削り広げることも考えたのですが、削り過ぎる危険性があるのでやめて、小さな油砥石を溝にそって滑らせ少しずつ削って修正しました。
 この中国製フライス盤につきましては別項でお話しいたします。

 ミニフライス盤の改良
 
  これはトヨ(サカイ)ミニレースML-360の付属品のミーリングアタッチメントなのですが、ミニレースに取り付けて使ってみたところ、いろいろな制約があって使いやすくはありませんでしたので、専用のXYテーブルと長い支柱とを購入して独立させました。
 それで使いやすくはなったのですが、まだ十分ではありませんでしたので、いくつか改良を加えました。
 まず、このXYテーブルはトヨ(サカイ)ミーリングマシンММ-180(今では製造されていない)のものなので、フトコロ寸法が浅いミーリングアタッチメントではテーブルのY方向の使用に制約があります。
 そこで、フトコロ寸法を長くする支持ブラケットを鋳鉄の角材をマイフォードの旋盤で加工して作りました。ブラケットのグレーの部分がそれです。
  そのついでに、取り付け穴にキー溝を彫り、支柱に付けた細い角棒に沿わせ、ブラケットが上下のみに移動し左右には首を振らないようにしました。
 その目的は、ドリルの付け替えなどでブラケットを上下させたときの中心位置の左右ブレの防止です。
 その他、手で上げ下げしていたブラケットをハンドル付きのネジで上下させるようにした、六角穴付きボルトのクランプネジをレバーハンドル付きネジにした、クイル移動距離目盛リングを大きくして読み取り易くした、などの改良を加えました。

 中国製フライス盤の改良
 
  上述のトヨ(サカイ)のミニフライス盤はとても優れた製品ですが、やはりミニ機、出来る加工には限界があるので、もっと大きいものが欲しくなりました。
 大きいものをとは言っても、手狭な書斎兼工作室で使うのですから、いろいろと制約があります。
 その制約のひとつは、奥行きが狭い機械でないと使っている工作台に乗せられないということです。
 しかし、アマチュア用の中型フライス盤は、ボール盤と同じように、支柱を挟んで手前に本体奥にモーターという、エイリアンの頭みたいに前後に長くなっているものが多いのです。
 それでは困ると思っているうちに、イギリスのチェスター社からご覧のような製品が発売されました。
 同じものがワーコ社からも出されました。
 値段も10万円ぐらいのようですから、これだ!とは思ううものの、イギリスから買うんじゃどうすりゃいいんだい?  
 
そうこうするうちに、日本橋のベルメックスインターナショナルから同じものがXZ-15という型名で発売になりましたので早速注文しました。
 購入したのは2001年で値段は12万6千円、本体重量が125sですからとても自分では運べず、運搬据付料に4万円かかりました。
 
 この機種は、もうだいぶ前に、イギリスからもベルメックスからも姿を消しました。
 さて据え付けられたフライス盤を使ってみると、さすが中国製、不便・不都合な点が多々ありましたので、少しでも使いやすくしようと、あれこれ手を加えました。
 しかし、改良した、手を加えたと言っても、主軸の精度を上げるなど根本的な構造に対してではなく、自分にとって使いやすいようにしただけなのですが・・・・
 
 まずは、各所のクランプが六角穴付きボルトでしたので、いちいち六角棒レンチを使わずに済むように、レバー付きボルトに作り替えました。



 
 

 次に、ハンドルのグリップがすべて回転式でしたので、全部固定式に交換しました。
 回転式には、わずかではあっても、遊びがあるので、微妙なハンドルの回転調節の妨げになるのです。
 マイフォード旋盤のグリップはどれも固定式です。

 

 ハンドルを大きなものに取り換えました。
 左のものは主軸クイルの微動ハンドルですが、付いていたちゃちなプラスチック製は廃棄し、調節しやすい大きなものにしました。
右は、力のいるY軸移動用のハンドルです。 


 

主軸クイルの送りハンドルは2本でしたが、それでは大きく送るときの持ち替えに不便ですから、3本にしました。
 それに、ハンドルの先のプラスチック製の円柱状の握りを、握りやすい球形のものに取り換えました。
 なお、交換したハンドル、グリップ、球形ノブはすべて鍋屋バイテックの製品です。

 

  主軸クイルの移動量目盛盤は、クイルが下がるにつれて数値が増えるようになっていました。
 それを裏返しに取り付け、クイルを下げると数値が減るようにし、望む移動量のところで目盛環をクランプしておけば、それだけ下がったところでクイルの移動が止まり、決めた深さの加工が出来るようにしました。



 


手を加えた中で最も苦労したのがモーターの交換でした。
初めに付いていたモーターは単相100V370Wのもので、4段の多段プーリーで400〜1640rpmの回転が得られるのでしたが、切削加工によってはもっと遅い回転が欲しくなりました。
 そこで考えたのがインバーターによる回転数の制御です。
 そしてここの中古品コーナーで見つけたのが、このナショナルブランドの三相200V0.4kWのモーターと三菱インバーターとのセット品です。
 しかし買ってはみたものの、当たり前の事ですが、中国製のモーターと日本製のものとでは、取り付け方と多段プーリーとの接続法とに共通性などあるわけがない。
 あれこれ試行錯誤の結果、一か月以上かかって、やっと何とか動かせるようになりました。

 モーターを交換してみると運転時の騒音がかなり小さくなりました。
 どうやら中国製のモーターの騒音源はベアリングだったようですので、主軸のベアリングも国産にすればもっと静かになるのではないかとは思うのですが、大ごとになりそうなので、手を付けかねています。

 さて、インバーター制御にしたフライス盤をしばらく使ってみたところ、操作のしにくさを感じてきました。
 始動と停止、回転数(運転周波数)の変更はインバーター上のキーとボリュームでするのですが、インバーターが左上のBの位置にあり、いちいちそこまで手をのばさなければならないのです。
 そこでインバーターの外部操作盤を作り左下のCの位置に取り付けました。
 これで、始動停止や回転数変更は左手で操作し、利き腕である右手をフリーにすることが出来、たいへん使いやすくなりました。
 旋盤の始動停止は左手で操作するようになっているのに、買った時のこのフライス盤はスイッチが右下のAの位置に付いていたので不便でした。

 この外部操作盤の材料のボリュームやスイッチ、6芯コードなどを買いに、久しぶりに秋葉原の総武線のガード下のパーツ店街を訪れましたが、行くたびに店の数が減っており、工具店だったところが外人観光客相手のスーベニアショップになっていたりするのは寂しいかぎりです。
 なお、この操作盤は少々大きすぎて不釣り合いなのですが、この上の面が傾斜しているアルミケースでこれより小さいのは無いようでした。と言って、アルミ板で自作する根気も残っていませんので・・・
 え?ボリュームのつまみと目盛環とがずれているんじゃないかですって?
 正面から見るとおっしゃる通りなのですが、操作するときに斜め上から見下ろすとちょうどよい位置関係に見えるようにしてあるのです、ハイ(^^;;;)

 さて、あと一つやりたい改良はテーブルのX軸方向の自動送りなのですが、これは簡単には出来そうもありません。
 では既製品は無いのかというと、チェスター社のカタログには付属品としてパワーフイードが載っていましたが、電源電圧の違いなどもあり、実物を見ずにおいそれとは注文できませんでした。
 その後、2005年にロンドン郊外のアレクサンドラパレスで開かれたモデルエンジニアリングショーを見に行ったときに、チェスター社のブースでパワーフイードを見せてくれと頼んだところ、工場にはあるのだがここには持ってきていないという商売っ気のない、しかもそれ以上に何のコメントもしようとしないという、まことに素っ気ない応対なのです。
 こりゃダメだと、となりのワーコ社のブースで聞いてみたところ、パワーフイードはテーブルの左右に付いているハンドルの片方を外して取り付けるものなので、ハンドルが片方しかない機種には付けられないという、なるほどと思わせる回答でこちらもダメ。
 クロノスのブースには汎用品らしきものがありましたが、これを取り付けるにはそれなりの加工を工夫する必要がありそうなので、買いませんでした。

  追記

 雑誌「Mode Engineer」の最近号(4555)に「チェスター社のチャンピオンミルの改良」という記事が載りました。
 このチャンピオンミルは、私が使っているベルメックス社のXZ-15と全く同じ中国製品ですから、たいへん興味深い記事です。
 この機種は支柱が円柱なので、ヘッド全体を上下させると、同時に左右に首を振って加工位置がずれてしまいがちなのです。
 前述のミニフライス盤でも同じことが起こるので、支柱に振れ止めのガイドバーを付けました。
 この大きい方のフライス盤で同じ対策をするには、ヘッドをいったん外す必要があるのですが、重さが数十キロはありますから、とてもそんなことをする勇気も体力もありません。
 雑誌記事の著者はこのように対処したのだそうです。
 
 これなら私にも出来そうです。
 しかし、主軸クイルの上下動範囲がミニ機の30ミリに対して大きい方のフライス盤では85ミリと大きく、長さの違う先端工具に交換するためにヘッドを上下させなければならないことはあまりないし、この歳で作っても、この先そうは活躍させられそうにありません。

 こらからフライス盤をお買いになろうという方は、四角い支柱の機種をお選びになったほうがいいですね。

 中国製?三つ爪チャック
 
  私はロータリーテーブルをふたつ使っています。
 画像右のものはトヨ(サカイ)の割出円テーブルです。
 インデックスプレートを交換すれば様々な割り出しが出来る優れものですが、さほどの細かい割り出しの必要な工作はめったにないので、普段はイギリスから買った画像左のロータリーテーブルを使っています。
 サカイのテーブルに載っている三つ爪チャックは、サカイのミニ旋盤ML-360に付いてきたもので、イギリス製のテーブルにもこのチャックを載せ替えて使っていました。
 その後、テーブルが少し大きいイギリス製のものには専用のチャックを付けようと思い立ちました。
 そこでネットで見つけたのが載せてある直径100ミリのもので、値段はなんと送料込みで6,320円。
 販売店のサイトにも梱包や検査票などにも生産国の表示はまったくないのですが、この値段ですから中国製でしょう。
 良く作られており、旋盤に付けて使うのでしたら精度が気になるのでしょうが、ロータリーテーブル用としては何の問題もありません。
 そのままではテーブルに取り付けられないので、裏にあるネジ穴をさらって表面にまで届かせボルト止めにしてあります。
 チャックとテーブルとの中心軸は、両者の仲立ちをするパーツを作って合わせてあります。
 このチャックを付けたロータリーテーブルを使って鋼材をエンドミルで削る加工をしてみましたが、サイズが大きくなっただけでなく重量も1キロほど増えたので剛性感が高まり、安心して作業が出来るようになりました。

 なお、私が使っているサカイのチャックは、マイフォードの旋盤に付いてきたチャックと比べてみたところ、ポーランドのツールメックス製のようですが、現在販売されているML-360のチャックはそうではないようです。
 
 ドリルシャープナー

 ドリルシャープナー(ドリル研ぎ機)には、その価格だけを見ても数千円から数十万円と、実に様々な製品があります。
 これは1997年にイギリスから買った Picador の製品で、値段は18.77ポンドでした。
 当時の為替レートは書き留めてありませんが、まあ5千円以内程度だったでしょう。
 取説にはグラインダーの砥石の側面で研ぐように書いてありますが、狭い我が工作室には普通の両頭グラインダーは持ち込めないので、リョービのミニ卓上グラインダーと組み合わせて使っています。
 どのシャープナーでもそうでしょうが、研ごうとするドリルのシャープナーへのセッティングが微妙で、わずかなずれが逃げ角などに大きく影響します。
 それだけでなく、もう片方の切れ刃を研ぐためにドリルを軸中心に180度回さなければならず、そのときにセッティングがずれやすいのです。
 画像右は、何とか既製品と同じように研げた例です。
 
 このシャープナーは、だいぶ前にベルメックスのホームページに載っていたことがある以外、国内で販売されているのを見かけたことがありません。