タグボート「TID] 

 このタグボートは構造が比較的簡単そうに見えるので、いずれ作ってみようかと気にかけていたのですが、作っただけで搭載船の無いスチームエンジンとボイラーのためにと、フルキットは販売されていないようなので、イギリスのキングストン・モールディングス社からFRP製のハルを購入しました。 
 画像左はキングストン社のサイトから、右は下記の本に載っている作例から拝借しました。
          
     The TUG BOAT BOOK ( Building large scale model tugs) : TRAPLET Publication

 ハルには、1/24スケールの全長890mmと、1/20で1070mmとのふたつありましたが、この歳では1070mmは荷が重すぎるので、小さい方にしました。
 買ったのは1911年でしたが、ハルが56.75ポンド、送料は64ポンド(高い!)当時の為替レートで1万5千円と少々でした。

 パワープラント

   上記の作っただけで搭載船の無いスチームエンジンとボイラーとは、イギリスのArnot氏設計の首振りV型4気筒スチームエンジンでした。
 ボイラーはきちんと出来上がったのですが、エンジンのほうが、4気筒の仕上がりが不揃いで蒸気漏れも多いなど、あまり良い出来ではないのでどうしようかとためらっていました。
 ところがその後に作った2気筒ピストンバルブエンジンが思いのほか上出来なので、これを載せることにしました。
 ボイラーは、とくにこのエンジン用として作ったものではありませんが、直径118mm高さ132mm水量約800ccのかなり大ぶりなガス焚きで、このエンジンを回すには十分な蒸気を発生します。
 直径118mmという寸法は、小板と呼ばれる定尺サイズの銅板の横幅を目いっぱい使って丸めた大きさなのです。
 画像は風呂桶に浮かべてのテスト運転の様子です。

 さて甲板をどう張るか

  上記の本の製作記では、甲板をまず全面に張り、その上にあらかじめ作ってあるキャビンを載せて船とボイラーとの煙突の位置を合わせ、キャビンの下端を鉛筆で甲板にぐるりと印し、それに沿って甲板を切り抜いています。
 そして、このモデルの開口部は広いので、パワープラントやサーボなどを楽に扱える、と書かれています。
 ところが私のパワープラントは、キャビンの大きさや、それに基づく甲板の開口部などはまったく考慮せずに、左の写真の製作例のものよりずっと大きいボイラーとエンジンを、煙突の位置だけを合わせて搭載してしまってあるのです。

 この先どうしようかと戸惑っているうちに何か月も経ってしまいました。
 
 とにかく何とかしなければと、設計図の船首と船尾の部分をコピーしたものを切り抜き、当てがってみました。
 どちらもそのままではだめで、とくに船首部は甲板を取り外せるようにしないと、ガスボンベの出し入れが全く出来ないのです。 さて、どうしたらよいのやら・・・